保育士になるには

  • 保育士とは、保育所などの保育施設において、園児の保育を行う者を指し、主婦が資格を取得するにの保育士は人気があるといわれています。保育士の資格はどのように取得できるのか、また、どうして資格取得に人気があるのでしょうか。

    保育士になるには、保育士試験という国家資格に合格するか、保育士養成校である大学、短期大学、高等学校等の教育課程を卒業する必要があります。主婦や子育ての経験を活かすことができる職場だとして、昨今人気が出ています。急速な女性の社会進出で、育児世代の共働き化が進み、子どもを預けるための保育施設が足りない状況が続いています。合わせて、保育士の数も足りない状況です。合格率が17%ほどの決して簡単ではない国家試験ですが、筆記試験8科目と音楽・造形・言語から出題される実技試験が受験科目として行われます。

    一旦、試験に合格すれば、保育士の資格が与えられて、求職には困らない状況になります。保育士不足が叫ばれている昨今ですので、資格さえ手に入れば、比較的容易に仕事を探すことができます。子育て経験のある主婦の場合、即戦力になれる要素があります。子育てが一段落40・50代の受験者が多いのも頷けますし、人生の経験を活かせる職場であることに間違いはありません。


    ~ピックアップサイト~
    保育士の資格を得た後は、就職活動に移ります。保育士専門の求人サイトを利用すれば、自分に合った職場を見つけるのに役立ちます >> 保育士 就職