HOME>トピックス>安全性が高く、ダウンタイムの少ない治療を提案しています

レーザーや高周波治療を行っています

下肢静脈瘤は足の静脈の血管がこぶ状になっていたり、足のむくみやだるさなどを感じやすくなります。直接命には支障のない病気ですが、放置をしておくと症状が悪化してきます。専門クリニックでは、比較的軽度の場合は着圧ソックスなどの保存療法を行います。保存療法を続けていても、改善が見られない場合は、レーザーや高周波治療が受けられます。レーザーや高周波治療は、細いカテーテルを使用するので、痛みやダウンタイムなどが少ないのが特徴です。専門クリニックでは、保険適用の治療が受けられます。レーザーや高周波治療は、日帰りで治療が受けられます。

外科手術を行う場合もあります

下肢静脈瘤は長時間の立ち仕事や、デスクワークをしている人が罹りやすい病気です。40代、50代ぐらいの年齢になると、発症する確率が高くなります。レーザー治療や高周波治療は大変ポピュラーな治療法になっています。保存療法などでは、辛い症状がなかなか改善しない場合は、外科手術を行う場合もあります。専門クリニックでは、一人一人の症状や体の状態に応じた治療法を提案しています。外科手術は事前に麻酔をしてくれるので、手術中は痛みを感じることはほとんどありません。

広告募集中